世界天文年とは

2009年はイタリアの科学者ガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡を夜空に向け、宇宙への扉を開いた1609年から、400年の節目の年です。国際連合、ユネスコ(国連教育科学文化機関)、国際天文学連合は、この2009年を「世界天文年(International Year of Astronomy:略称 IYA)」と定めました。

世界中の人々が夜空を見上げ、宇宙の中の地球や人間の存在に思いを馳せ、自分なりの発見をしてもらうこと。それが世界天文年の目的です。

参加国数

148の国と地域が参加を表明しています。(2009年11月6日現在)

名称

この世界的な記念の年について、公式名称は次のとおりです

英語: International Year of Astronomy 2009

略称: IYA2009

日本語: 世界天文年2009

日本語名称についての補足説明

 "International Year of Astronomy"は、直訳すれば「国際天文年」ですが、「国際」という日本語は、

などを考慮すれば、日本語の語感としては「世界天文年」が適切であり、その目的とするところをよく表すであろうとの認識をふまえ、世界天文年2009日本委員会、および同企画委員会において慎重に検討の結果、日本語名称を「世界天文年」と訳すことが適切との結論を得ました。
 この日本語名称は、国際天文学連合(IAU)の対応機関である日本学術会議においても了承され、現在広く用いられています。

スローガン

英語: THE UNIVERSE: YOURS TO DISCOVER

日本語: 宇宙 … 解き明かすのはあなた