星空ブックフェア

2009年12月現在、星空ブックフェアは2010年の活動が検討されています。詳細は未定です。
以下、2009年に掲載した情報です。


星空ブックフェア オンライン 「宙読み(ソラヨミ)書房」オープン!

天文・宇宙の本の魅力をご紹介するウェブコンテンツ

→星空ブックフェア オンライン・「宙読み(ソラヨミ)書房」

2009年6月19日オープンしました。星空と本が大好きなみなさまのお越しをお待ちしております。

わくわくする本を多くの人に

「最近、天文学の本を書店で見かけなくなった」
「宇宙の本って、昔に比べて少なくなっている気がする」
そんな声を聞いたことはないでしょうか?

郊外型の書店では、専門的な本を置かない傾向があるだけでなく、大型書店でも天文・宇宙の書籍が置かれてある棚は、ずいぶん奥まったところにあって、多くの人の目にとまる機会が少ないというのも理由のような気がします。
でも、よく調べてみると、宇宙・天文関連の書籍・出版物が減っているわけでは決してありません。むしろ、わくわくするような最新の知見を紹介する書籍は増えているといってもいいでしょう。

そんなわくわくするような本を、多くの人に届けられないだろうか。そして最新の天文学・宇宙科学のおもしろさを知ってもらえないだろうか。
IYA2009日本委員会の企画委員会では、そんな思いを形にしようとしています。それが
「世界天文年2009 星空ブックフェア〜本をまくらに宇宙を見よう〜」
なのです。

星空ブックフェア、全国の書店395店舗でスタート

星空ブックフェア ポスター2009年4月から「星空ブックフェア」がスタートしました。

2008年12月から2009年3月まで続いたプレフェアは大好評! 4月1日からスタートした本フェアは、当初の予定期間を大幅に延長して、 世界天文年2009が終了する12月31日までの8か月間のロングランです。参加書店も大幅アップの全国395店舗でスタート! 書店のポスターや棚のポップで「世界天文年2009」の文字を見かけたら、天文書特設コーナーに注目。 星空ブックフェア専用の共通帯を巻いた書籍をはじめとして、世界天文年2009日本委員会の公認書籍の多くが並んでいます。 解説書から図鑑、読み物、絵本まで幅広いジャンルが揃っています。

ぜひこの機会に天文書を手に取って、本の中に広がる宇宙を体験してください。

星空ブックフェア開催書店一覧(2009年6月19日現在)


星空ブックプレフェア、全国の書店78店舗で開催されました

星空ブックプレフェアポスター2008年12月から2009年3月まで「星空ブックプレフェア」が開催されました。

世界天文年2009日本委員会の「公認」となった、世界天文年2009のロゴマーク、星空ブックフェア専用マークを配した共通帯の書籍が、書店の特設コーナーに並びました。

全国78店舗の書店で、早いところでは2008年12月6日から(書店により期間は異なります)開催されました。

星空ブックプレフェア開催書店一覧(2008年12月5日修正版)[PDF]


 

世界天文年2009日本委員会 公認書籍の募集

公認書籍について
※募集は2009年9月30日で締め切りました