7.22皆既日食中継プロジェクト

この企画は2009年に終了しました。

2009年7月22日の皆既日食を各地から中継

2009年7月22日、日本を含むアジア・太平洋地域で、日食が起こります。日本では、全国で部分日食が見られるほか、奄美大島北部、トカラ列島、屋久島、北硫黄島、硫黄島やそれらの周辺海域などで皆既日食が見られます。日本の 陸域で皆既日食が見られるのは、北海道での1963年7月21日の皆既日食以来、じつに46年ぶりとなります。
皆既日食は、その現象の稀少さと美しさから多くのファンを魅了するとともに、人類にとって身近な星・太陽の謎に迫るための重要な天文現象でもあります。皆既・部分日食ともに、この稀少な現象を観察する機会を少しでも多くの人に提供するための企画です。


参考リンク

→世界天文年2009 日食観察ガイド - 日食の楽しみ方 - 映像で楽しむ

link国立天文台 2009年7月22日 皆既日食の情報

国立天文台 7.22皆既日食観測中継

2009年7月22日に屋久島をかすめ、硫黄島を通る洋上で21世紀最大級の皆既日食が起きます。我々は、この希有な機会に天体現象を通じ自然を知る学問の知的興奮を感性豊かな青少年に伝えることが重要と考えます。そして、これは国民の科学リテラシーの形成・向上に資する貴重な機会でもあります。

この目的を実現するために、本プロジェクトでは、東京から1200km南方の小笠原諸島に位置する硫黄島(いおうとう)にて、皆既日食を観測します。硫黄島は、今回の皆既日食帯において、比較的気象条件に恵まれた場所で、安定した観測が期待できます。この場所から、JAXA/情報通信研究機構が運用する超高速インターネット衛星「きずな」をつかった実証実験として、ハイビジョン撮影による皆既日食の映像をリアルタイムで公開して、皆既日食の織りなす躍動を伝え、自然がもたらす希有な現象を多くの方に伝えたいと考えています。

配信する映像について

このプロジェクトでは、皆既日食という現象を伝えることで、科学リテラシーの向上を図るとともに、離島における超高速通信の実用性の実証も行います。
映像提供は、国立天文台(NAOJ)、情報通信研究機構(NICT)、宇宙航空研究開発機構 (JAXA)、日本放送協会(NHK)との協力 で実現しました。
当日は、ハイビジョン映像のほか、これをWindows Media Video形式に変換したもの(リアルタイムから若干の遅延あり)を用意し、国内の科学館、放送局、国内外のインターネット配信局へ提供し、そこを通じて多くの皆さまにお伝えする予定です。

なお、天候不順などの理由で日食の映像を提供できない場合がございます。ご了承ください。

映像のテレビ放送

映像のストリーミング配信(ホームページ)

映像配信の上映(予定)

ご注意:参加申し込み制・定員制の会場などでは、当日の一般参加ができないところも多くあります。予めご了承ください。

全天映像上映

LIVE!ECLIPSE 2009

ライブ!ユニバースは、今回の皆既日食のインターネットライブ中継を、中国、トカラ列島、キリバス共和国などの多地点からおこないます。

ライブ!ユニバースは、天文現象などをインターネットで中継するために結成された非営利団体です。前身のライブ!エクリプス実行委員会が実施したものも含めると1997年から8回の皆既日食、6回の金環日食を世界の天文ファンに向けて中継してきました。

詳しくはリンク先をご参照ください。

linkLIVE!ECLIPSE 2009 L!E2009 logo