世界天文年2009グランドフィナーレ


世界天文年2009グランドフィナーレ宣言「世界天文年2009から未来へ」
2009年12月5日にグランドフィナーレ会場で採択された宣言文です。PDF→ pdf

以下、2009年に掲載した情報です。


開催概要 | プログラム | 企画内容 | 参加申込 | 発表申込 | 会場のご案内 

→グランドフィナーレの見どころ・トピックス (随時更新しています)

最終更新日 2009年11月26日
プログラムの時間変更等がありましたのでご注意ください。

世界天文年2009グランドフィナーレ開催概要

 ガリレオによる望遠鏡での天体観測400年を記念する「世界天文年2009」。この一年間を通じて、宇宙の魅力、そして宇宙の中の人間を理解し感じ取れるような多彩な活動が世界の148の国と地域で展開されてきました。日本国内でも約3000件の公認イベントなど多種多様な企画が展開され、多くの人々が宇宙に触れる驚きや感動を共有することができました。
 この記念すべき年の終幕を迎えるにあたり、世界天文年を通じて国内で展開してきた天文学と科学の普及啓発活動を、未来に繋げ、より一層充実したものへと発展させるため、世界天文年に携わった人々が集結する「世界天文年2009グランドフィナーレ」を2日間にわたり開催いたします。この催しの中で、世界天文年を通じて共有した感動や希望を未来に繋げるためのアピールを行う予定です。あわせて一般市民向けの公開イベントを開催し、宇宙に触れる楽しさや驚きを多くの人々に体験していただく場も設けます。
 多くの関心ある皆様のご参加をお待ちしています (参加は無料です)。

開催日

2009年12月5日 (土)、6日 (日)

会場

兵庫県公館 (5日)、兵庫県中央労働センター、ほか (6日) (いずれも兵庫県神戸市)
詳しくは会場のご案内をご覧ください。

主催など

主催 世界天文年2009日本委員会
共催 兵庫県、兵庫県立西はりま天文台公園、自然科学研究機構国立天文台、天文教育普及研究会、日本プラネタリウム協議会、日本公開天文台協会
後援 兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会、日本天文学会、日本物理学会、宇宙航空研究開発機構、天文学振興財団、日本惑星科学会、日本地学教育学会、日本理科教育学会、高校生天体観測ネットワーク
協力 神戸市立こうべ小学校、神戸市立青少年科学館、大阪科学振興協会、大阪市立科学館、明石市立天文科学館 ほか

主な内容

  12月5日 (土) : 語り合おう 世界天文年
世界天文年の日本での活動を振り返り、今後の発展につなげていくために語り合う一日です
内容:グランドフィナーレセレモニー、シンポジウムT・U、ほか
  12月6日 (日) : 体験!感動!世界天文年
世界天文年の魅力を凝縮。いろいろな体験イベントを通じて、宇宙の不思議と魅力に触れ、たのしむ一日です
内容:モバイルプラネタリウム、「地球から宇宙へ」天体写真展、神戸の星の観察会、ほか

このページのトップへ戻る

プログラム

詳細から各企画の詳細をご覧いただけます。
*プログラムの各企画の内容・名称は変更する場合があります。

語り合おう 世界天文年 (1日目)

世界天文年の日本での活動を振り返り、今後の発展につなげていくために語り合う一日です。

日時 12月5日 (土) 10:30 〜 17:30
会場 兵庫県公館 (会場のご案内をご覧ください)
※公館内は指定の休憩室以外では飲食禁止です
参加対象 世界天文年2009の企画に関わった方や関心をお持ちの方が対象です
参加費 無料
参加方法 要申込 (11月4日より参加お申し込み受付)

 受付時間 10:00 〜 16:00
時間 内容
10:30 〜 12:00 シンポジウムT:世界天文年をふりかえって 詳細
 (「公認イベントの情報交換会」の内容を拡充)
 基調講演 (海部宣男日本委員会委員長)
 企画の報告
 ディスカッション
13:00 〜 13:25 世界天文年2009 グランドフィナーレセレモニー 詳細
 挨拶
 感謝状贈呈式
 世界天文年2009エッセイ賞授賞式
 若田宇宙飛行士ビデオメッセージ披露
13:30 〜 14:00 世界天文年2009エッセイ賞選評対談
 〜星空に綴られた思いとともに〜 詳細
14:05 〜 14:45 日食はすぐにやってくる!
2012.5.21 安全な日食観察のための緊急宣言 詳細
14:10 〜 14:40 世界天文年をふりかえる
 〜ポスターで見る世界天文年の取り組み (発表者による説明時間) 詳細
14:50 〜 17:20 シンポジウムU:つなげよう!世界天文年 詳細
 パネラーからの提言
 ディスカッション
 宣言
12:00 〜 17:30 世界天文年公認書籍成果報告会 詳細
12:00 〜 17:30 「世界天文年をふりかえる」ポスター掲示 詳細
 懇親会
1日目「語り合おう 世界天文年」の全日程終了後、参加いただいた皆様の交流を深めるため、懇親会 (会費制) を開催いたします。
開催時間:18:30 〜 20:30 (予定)
会場:パレス神戸(会場のご案内をご覧ください)
対象:世界天文年2009の企画に関わった方や関心をお持ちの方
会費: 一般:5000円
     学生:4000円
     中学生以下:2000円
   当日、懇親会会場受付にて集金いたします。
お申し込み:参加申込の際に一緒にお申し込みください
ご注意:お申し込み締切以降のキャンセルは、代金を徴収させていただく場合があります

体験!感動!世界天文年 (2日目)

世界天文年の魅力を凝縮。いろいろな体験イベントを通じて、宇宙の不思議と魅力に触れ、たのしむ一日です。

世界天文年2009記念
クリスタルストラップ
世界天文年2009記念クリスタルストラップ
日時 12月6日 (日) 9:00 〜 17:00 (入場16:00まで)
観察会は 17:30 〜 19:00 (悪天候時でも中止はありません)
会場 兵庫県 中央労働センター
神戸市立こうべ小学校 (観察会のみ)  (会場のご案内をご覧ください)
参加対象 子どもから専門家まで、どなたでもご自由にご来場ください
参加費 無料
参加方法 お申し込みは不要です
※中央労働センターの受付にて、ご来場先着500名様に世界天文年2009記念クリスタルストラップをプレゼントします
整理券のついている企画の参加には整理券が必要となります。整理券は、それぞれの企画の部屋で発行します

出展協力: オルビィス株式会社、有限会社KAGAYAスタジオ、カールツァイス、
株式会社ジュンク堂書店三宮店、SeedsBox、有限会社スターゲイズ、
株式会社スターライト・コーポレーション、ステラ精密株式会社、
株式会社テクノシステムズ、株式会社トーハン、株式会社 ニコンビジョン、
株式会社ビクセン、株式会社 星の手帖社

 受付時間 9:00 〜 16:00
時間 内容
 9:30 〜 14:30 モバイルプラネタリウム整理券 詳細
 9:30 〜 14:30 「地球から宇宙へ」天体写真展 詳細
 9:30 〜 16:00 世界天文年セレクション商品展示会 詳細
 9:30 〜 16:00 世界天文年公認書籍展示会 詳細
 9:30 〜 16:00 天文書籍出張販売およびサイン会 詳細
 9:30 〜 15:30 宇宙の果てまで立体シアターで旅に出よう整理券 詳細
 9:30 〜 17:00 企画体験コーナー「うちゅうにふれてみよう」整理券 詳細
 (うちゅうとあそぼう・君もガリレオ合同企画)
10:30 〜 16:00 星空から宇宙を駆け抜けるトークショー 詳細
16:00 〜 17:00 天文キャラクターといっしょに!明日にかける星
 〜世界天文年2009グランドフィナーレ エンディング〜 詳細

 実施時間 17:30 〜 19:00
17:30 〜 19:00 神戸の星の観察会 詳細
※会場は神戸市立こうべ小学校です
※小学生は、保護者同伴でご来場ください

このページのトップへ戻る

各企画の内容

語り合おう 世界天文年 <1日目>・12月5日 (土)

  シンポジウムT:世界天文年をふりかえって
世界天文年の活動を振り返りましょう。海部宣男委員長の講演、特徴的な活動を展開した公認企画の紹介、 そして会場のみなさんとの意見交換により、今年の成果をまとめ、 世界天文年の後の活動につなげていきましょう。
(「公認イベントの情報交換会」の内容を拡充したシンポジウムです。)

  世界天文年2009 グランドフィナーレセレモニー
世界天文年2009の活動を多くの人とともに振り返り、感謝状贈呈式、世界天文年2009エッセイ賞授賞式、若田宇宙飛行士ビデオメッセージ披露などを行います。引き続き宇宙を楽しむ一歩を、ここから始めていきましょう。日本中のみなさま、ぜひご参加ください。

  世界天文年2009エッセイ賞選評対談 〜星空に綴られた思いとともに〜
世界天文年2009エッセイ賞は、世界天文年をきっかけに、みなさまの“星空への思い”を原稿用紙の中の星座として記録していただく企画です。おかげさまで378編の応募がありました。芥川賞選考委員で作家の小川洋子さんが、今回のエッセイ賞の特別選考委員。表彰式後、国立天文台の渡部潤一選考委員長との選評対談が予定されています。
関連ページ→世界天文年2009エッセイ賞

  日食はすぐにやってくる! 2012.5.21 安全な日食観察のための緊急宣言
2009年7月22日、日本中の人々が欠ける太陽の姿に胸を躍らせました。今回の日食で全国的に行われた観察の概要や、日食観察に伴う目の障害事例調査の結果、推奨日食グラスの配布の成果などをふまえ、2012年5月21日に国内を横断する金環日食に向けて、効果的な日食観察方法や、安全に実施できる観察のしかたについての情報を共有します。
関連ページ→日食グラスで月にかくれる太陽を見よう

  世界天文年をふりかえる 〜ポスターで見る世界天文年の取り組み
今年は全国で約3000件もの日本委員会公認イベントが開催され、星空に親しむきっかけの多い一年となりました。全国各地で世界天文年を盛り上げたイベントについて、その取り組みや活動報告、成果報告のポスター発表を行います。
→ポスター発表申込について

  シンポジウムU:つなげよう!世界天文年
日本国内で行われた、数々の世界天文年活動を今後につなげ、引き続き多くの人々と夜空を見上げ、宇宙を解き明かし続けるための具体的な方法を、みなさんとともに考えます。 研究者・施設職員・愛好家・一般の方から、今年を踏まえての次への提案を紹介し、会場ディスカッションで議論します。最後は「宣言」の形でまとめます。次への一歩をスタートしましょう。

  世界天文年公認書籍成果報告会
世界天文年2009星空ブックフェアの成果報告を展示します。企画の意図や公認の仕組み、全国書店展開の成果、関連ウェブコンテンツの利用状況などをまとめ、今後の可能性も展望します。
関連ページ→宙読み (ソラヨミ) 書房

体験!感動!世界天文年 <2日目>・12月6日 (日)

  モバイルプラネタリウム
元町にプラネタリウム登場! 大阪と明石から軽自動車でやってくる、移動式のプラネタリウムの星空を、関西各地で活躍する「星のソムリエ」のみなさんの解説で楽しんでもらいます。※整理券が必要となります。

  「地球から宇宙へ」天体写真展
世界中の街角に展示された美しい天体写真の数々を展示します。大パネルの写真で宇宙の魅力に触れ、地球から宇宙への旅をお楽しみください。
関連ページ→地球から宇宙へ

  世界天文年セレクション商品展示会
「世界天文年セレクション」は、天体望遠鏡、双眼鏡、天体観測ツール、天文グッズなど、天文・宇宙の理解に役立つさまざまな商品をご紹介している企画です。各社の協力で商品紹介や販売があります。
関連ページ→世界天文年セレクション

  世界天文年公認書籍展示会
およそ500冊の公認書籍を展示し、天文図書の楽しさを紹介すると共に、その意義を語り合います。質問コーナーを常設します。また関連して、書籍即売会やサイン会なども予定しています。
関連ページ→宙読み (ソラヨミ) 書房

  天文書籍出張販売およびサイン会
公認書籍展示会に関連して、天文書籍の出張即売やミニトークやサイン会などを実施します。美麗な天体画で有名なKAGAYAさんの物販コーナーも予定しています。また、『博士の愛した数式』や『ミーナの行進』の著者である芥川賞作家の小川洋子さんや、KAGAYAさん、その他、天文学者の方々のミニトークおよびサイン会なども予定しています。書籍を購入するとステキな天体望遠鏡が当たる懸賞応募券もゲットできます。
関連ページ→宙読み (ソラヨミ) 書房

  宇宙の果てまで立体シアターで旅に出よう
国立天文台の4次元デジタル宇宙(4D2U) シアターがやってきます。立体視 (3D) メガネをかけて、地球から宇宙の果てまで旅に出かけましょう。20分番組 (生解説)、入れ替え制。子供も大人も楽しめるシアターです。
(「うちゅうにふれてみよう」特別企画) ※整理券が必要となります。

  企画体験コーナー「うちゅうにふれてみよう」
世界天文年の企画を体験してみましょう。宇宙図鑑、宇宙カレンダー、ちぎり絵など、小さな子からゲーム感覚で宇宙に親しみ、宇宙について学ぶコーナーや、小型望遠鏡を作りガリレオの驚きを体験する講座など、子どもたちからご家族でお楽しみいただけるイベントを行います。
(世界天文年2009世界企画「小型望遠鏡をみんなの手に」の「君もガリレオ」プロジェクトと「うちゅうとあそぼう…世界のこどもたちのための宇宙案内プログラム」の合同企画です) ※整理券が必要となります。
関連ページ→君もガリレオ

  星空から宇宙を駆け抜けるトークショー
私たちの地球から宇宙のかなたまで、トークショーを通して旅をします。宇宙の広大な世界を各分野のエキスパートたちがナビゲートします。また、各トークショーの最後には質問コーナーや、著書のサイン会をおこないます。美麗な天体画で有名なKAGAYA、海部宣男さん・谷口義明さんら著名な天文学者の対談を予定。乞う、ご期待ください。

  天文キャラクターといっしょに!明日にかける星 〜世界天文年2009グランドフィナーレ エンディング〜
グランドフィナーレの最後を飾るイベント。どなたでも参加できます。MISIAからのメッセージ紹介、ウルトラマン登場、シゴセンジャー&ブラック星博士ら天文キャラクターが世界天文年に関わった方々の声を楽しく紹介します。最後はグランドフィナーレを飾る映像が披露されます。

  神戸の星の観察会
世界初の天体観察会は、港町ベネチアで400年前に行われました。そして今、木星とその衛星をはじめ、港・神戸の空に輝く星を、望遠鏡や肉眼で観察しましょう。小学生は、保護者同伴でご来場ください。

このページのトップへ戻る

参加申込 (1日目)

●1日目「語り合おう 世界天文年」については、参加申込が必要となります

 2日目「体験!感動!世界天文年」はお申し込み不要です (どなたでもご参加できます)

●ご注意:


発表申込【募集は終了しました】
(1日目:世界天文年をふりかえる 〜ポスターで見る世界天文年の取り組み)

1日目「世界天文年をふりかえる」では、会場内でポスター発表 (掲示による活動・成果の発表) を行います。各地で行われた世界天文年の公認イベントについて、その取り組みや活動報告、成果報告の発表があります。ぜひポスター発表のコーナーにお立ち寄りください。

 link発表者へのご連絡事項→「世界天文年をふりかえる」ポスター発表(募集終了)


このページのトップへ戻る

会場のご案内

12月5日 (プログラム1日目) の会場


兵庫県公館
兵庫県公館
兵庫県公館
  神戸市中央区下山手通4-4-1
  http://web.pref.hyogo.jp/ac01/ac01_000000026.html
◇神戸市営地下鉄西神・山手線「県庁前」駅から 徒歩1分
◇JR・阪神「元町」駅西口から 北へ徒歩5分
◇神戸高速鉄道「花隈」駅東口から 北東へ徒歩10分
◇JR「三ノ宮」駅、阪神・阪急「三宮」駅から 西へ徒歩15分
パレス神戸 (懇親会会場)
  神戸市中央区下山手通5-1-16
  http://www.palace-kobe.jp/
◇兵庫県公館のすぐ南西にあるホテルです
 

12月6日 (プログラム2日目) の会場


兵庫県中央労働センター
兵庫県中央労働センター
兵庫県中央労働センター
  神戸市中央区下山手通6-3-28
  http://hyogo-churou.com/
◇神戸市営地下鉄「県庁前」駅から 西へ徒歩7分
◇神戸高速鉄道「花隈」駅から 北へ徒歩10分
◇JR・阪神「元町」駅から 西へ徒歩15分
神戸市立こうべ小学校(「神戸の星の観察会」会場)
  神戸市中央区中山手通4-23-2
◇兵庫県中央労働センターから 北東へ徒歩10分
◇神戸市営地下鉄「県庁前」駅から 北へ徒歩7分
◇JR・阪神「元町」駅から 北へ徒歩12分

地図クリックで拡大

このページのトップへ戻る