ガリレオの夕べ (2009年10月22〜24日)

2009年12月現在、この企画の2010年の活動は未定です。
以下、2009年に掲載した情報です。


Galilean Nights logo

世界天文年2009の世界企画の一つ、「ガリレオの夕べ (Galilean Nights)」は、2009年10月22日(木)から24日(土)の3日間にわたって行われる世界規模の企画です。この時期は、月と木星がよく見えます。およそ400年前、1609年から1610年にかけてガリレオが望遠鏡で月や木星を見たときの驚きを、世界中の人々に体験してもらいたいという思いから、このように名付けられました。

2009年4月に開催され、「世界一周観望会」や「望遠鏡80台世界一周」をはじめ、2000件以上の様々なイベントが世界中で開催された「世界中で宇宙を観ようよ100時間」の世界的な盛り上がりを受けて、再び企画された世界の主要企画です。
今回の「ガリレオの夕べ」では月、木星を中心とした観望会が世界中で開催されます。

   link「ガリレオの夕べ」Global Website 内の紹介ページ
   link「ガリレオの夕べ」 国際版ウェブページ


   linkNews Release - IAU0922: Galilean Nights: Get Ready for a Galileo Experience! パリ発10 月21日発表
    ガリレオの夕べ:ガリレオ体験へ準備万端!(IAU0922の日本語訳) PDF,91KB

 

ガリレオくんと仲間たち特別編

Web連載まんが「ガリレオくんと仲間たち」
特別編「ガリレオの夕べ」…「世界中で一斉に星空を楽しむのじゃ!」の巻


 

観望会に参加して秋の夜空をたのしもう

望遠鏡で宇宙を見つめて、みんな一緒にガリレオ気分!

この3日間、月や木星を中心に秋の星空をたのしむ観望会が日本各地でも開催されます。 お近くの会場に足を運び、およそ400年前のガリレオのような驚きや感動を体験してみましょう。 また、この機会に、ご自身でお持ちの望遠鏡を月や木星に向けてみませんか。
世界中で夜空を見上げ、ガリレオが体験したような感動を世界中の人々と共有しましょう。

   link「ガリレオの夕べ」イベント一覧

   linkイベントマップ(国内版)

「ガリレオの夕べ」天文写真コンテスト

「ガリレオの夕べ」国際チームでは、「ガリレオの夕べ」天文写真コンテスト (Galilean Nights Astrophotography Competition) を実施中です。

2009年9月17日〜10月27日に撮影された画像が対象になります。
また、「ガリレオ天体」が写っていることが条件です。
ここで言う「ガリレオ天体」とは、ガリレオ・ガリレイが観測した、次の天体を指します。

  1. 太陽
  2. 金星
  3. 木星
  4. 土星
  5. 天の川
  6. すばる (プレアデス星団 M45)
  7. プレセペ星団 (M44)
  8. オリオン大星雲 (M42)

ジャンルが2つあります。

  1. 「Earth and Sky」:地上の風景と共に「ガリレオ天体」が写っているもの。
               望遠鏡使用不可。
  2. 「Beyond earth」:地上のものが写らず、1つ以上の「ガリレオ天体」が写っているもの。
               口径20センチ以下の望遠鏡使用OK。

それぞれのジャンルについて、3点まで応募できます。
投稿期限は、日本時間の10月28日午前8時59分。
投稿には、写真共有サイトのFlickr (フリッカー) が使われています。
投稿先は、Galilean Nights Flickr グループです。
撮影者はイベントとは関係なくどなたでもOKです。
応募作品は未発表のものに限られています。

最優秀作品には景品が用意されています。

詳しくは、下記のウェブページをご覧ください。

   linkGalilean Nights Astrophotography Competition (英語)

 

ご協力のお願い ・・・観望会を企画される皆さまへ

世界一斉観望会をいっしょに開催しませんか

「ガリレオの夕べ」は、10月22日〜24日に、世界中で一斉に星空を見る、世界規模の観望会です。観望会開催に興味をお持ちの皆さん、ぜひこの期間に観望会を企画して、「ガリレオの夕べ」に参加しませんか?
星が見やすい場所だけでなく、街中のにぎやかな場所、人通りの多い駅前や公園で街角観望会を開きませんか?(もちろん、必要な場所では許可をとってください) 主催者は、同好会や個人でもOKです。開催規模は問いません。また、観望天体は、月・木星に限りません。期間が3日間ありますが、そのうちいずれか1日だけの開催でも構いません。
お持ちの天体望遠鏡を広場に置いて秋の夜空に向けるだけで「ガリレオの夕べ」に参加できます。

開催が決まったら、公認イベント申請を

開催場所や日時が決まったら、IYA2009日本委員会公認イベントの「ガリレオの夕べ」として申請しましょう。既に、以前からこの期間に観望会を企画されていた方も、ぜひ「ガリレオの夕べ」の企画として申請をお願いします。申請フォームでは、「申請種別」の「『ガリレオの夕べ』として開催」にチェックを入れてください。
公認イベントとして登録されれば、ウェブページの「ガリレオの夕べ」イベント一覧に掲載され、イベントPRになります。
申請は、10月15日(木)正午で締め切りました

   link公認イベントとは
 

世界にもアピールしましょう

さらに、国際版ウェブページにイベント登録すれば、世界中の人々にもPRできます。 現在、国際版ウェブページには、続々と世界中の観望会が登録されています。 望遠鏡で星を見て感動するのは、ガリレオ以来万国共通。世界中が同じ夜に星をたのしむことを実感できます。
国際版ウェブページへのイベント登録は、原則的にご自身でお願いしますが、代理登録も可能です。

   link国際版ウェブページ イベント登録
   「ガリレオの夕べ」国際登録の方法(日本語による案内) PDF,168KB

「木星観測キャンペーン」にもご参加を

この「ガリレオの夕べ」の期間、とくに木星とその衛星に注目する観測会を企画しませんか。3日間かけて、または一晩のうちに時間をおいて、衛星の動きの変化を観測し、ガリレオの驚きを体験するものです。木星とその衛星は、小望遠鏡でも観測できることから、世界企画「小望遠鏡をみんなの手に(The Galileoscope)」と日本の「君もガリレオ」プロジェクトが、この期間に観測を呼びかける「木星観測キャンペーン」を展開しています。
観察用ワークシートや指導者用の観察の手引きが「君もガリレオ」プロジェクトのウェブページからご利用いただけます。

   link「君もガリレオ」プロジェクト
   link「君もガリレオ」プロジェクト(木星観測キャンペーン)

 

「ガリレオの夕べ」関連素材

「ガリレオの夕べ」に参加する、あるいはPRする目的でお使いいただける素材です。順次追加する予定です。
利用ルールについては、当サイトの「利用規約」に従ってください。

「ガリレオの夕べ」ロゴマーク(日本語版)

ガリレオの夕べ、横位置、日本語版
  ダウンロード
Galilean Nights logo

JPEG 1280×700 ピクセル 150dpi 印刷用 130KB

JPEG 2560×1400 ピクセル 300dpi 高解像度 459KB

PNG 2560×1400 ピクセル 300dpi 高解像度 169KB

TIFF 2560×1400 ピクセル CMYK 300dpi 2.55MB


「木星観測キャンペーン」 ワークシート、指導の手引き (「君もガリレオ」)

   link「君もガリレオ」プロジェクト:木星観測キャンペーン


Web連載まんが「ガリレオくんと仲間たち」

ガリレオくんと仲間たち第4回

<特別編>「ガリレオの夕べ」…「世界中で一斉に星空を楽しむのじゃ!」の巻

 


月、木星に関連するおはなしもあります。


キャラクター

ガリレオくんスコープと仲間たちの木星観察

キャラクター「ガリレオくんと仲間たち」も「ガリレオの夕べ」を応援しています。
利用にあたってのガイドライン、利用にあたっての規約については、「キャラクター」のページをご覧ください。

linkキャラクター「ガリレオくんと仲間たち」

 


壁紙

パソコン用のカレンダー入り壁紙です。
利用に関しては国立天文台「お楽しみダウンロード」のページをご覧ください。

(c)小栗順子

link国立天文台お楽しみダウンロード