世界天文年2009 : トピックス

世界天文年2009のさまざまな話題をお届けします。このページは新着トピック10件を新しい順に表示しています。

お知らせ , イベント

天文同好会サミット2010参加申込を締め切りました

4月17・18日に国立天文台三鷹で開催する天文同好会サミット2010「世界天文年、その先へ」の参加申込は、4月2日正午をもちまして締め切らせていただきました。

約200名弱の参加申込をいただきました。

参加申込者の所属同好会・団体は80団体以上にのぼります。

参加者によるポスター展示は29件(4月2日現在)が予定されています。

参加申込をされた方は、ご参加される皆様へのご案内をご覧ください。

お知らせ , ニュース

最終集計結果は730万9685人

世界天文年にみんなで星を見ようと呼びかけ、星を見た人数1000万人をめざして報告を受け付けてきた日本委員会主催企画「めざせ1000万人!みんなで星を見よう!」の最終集計結果は

730万9685人となりました。

1年間にわたるご協力ありがとうございました。

この集計結果については、3月24~27日に広島大学で開催される日本天文学会春季年会でも発表されます。

▽めざせ1000万人!みんなで星を見よう!
  http://star2009.jp/

お知らせ , イベント , ニュース

3月20日(土)は「世界一斉まちかど観望会の夕べ」

3月20日の夜は、「世界一斉まちかど観望会の夕べ(International Sidewalk Astronomy Night)」です。アメリカのNPO団体 Sidewalk Astronomer が中心となって、世界の大部分で春分となる3月20日の夜に、街角で観望会を開こう、と呼びかけている企画です。

この日の夜、望遠鏡を街角に持ち出して、月や土星を道ゆく人びとと一緒に眺めて楽しみませんか?

世界天文年2009日本委員会企画委員を務めた美星天文台の綾仁台長が、この企画の国内の呼びかけ人となって、観望会の開催情報を集めています。

国内有志によるウェブサイトが立ち上がっています。ぜひご覧ください。

▽世界一斉まちかど観望会の夕べ(ISAN)
  http://isan.kanboukai.com/

お知らせ , イベント

天文同好会サミット2010参加申込受付中です

天文同好会サミット2010「世界天文年、その先へ」には、高い関心が集まっています。

  • 3月16日現在、約100名の参加お申し込みをいただいております。
  • 参加申込者の所属同好会・団体を掲載しています。
  • ポスター展示のページにポスター展示予定を掲載しています。

引き続き皆様のお申し込みをお待ちしております。

参加申込状況や、ポスター展示予定は、随時更新しますので、すでに申し込みを済まされた方も、天文同好会サミット2010のページにご注目ください。

お知らせ

公認イベント実施報告、集計中

公認イベントを実施された方にお願いしておりました実施報告を集計中です。

3月16日現在、回収率64%、約2900件の公認イベントのうち78%について実施報告が集まりました。

事務局では今後さらなる集計を進めてまいります。世界天文年2009の活動を分析するための貴重なデータとして活用されます。

統計データは2010年度発行予定の報告書に掲載し、ウェブページで公開する予定です。

公認イベント実施報告にご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

 

お知らせ

DVDのお貸し出しは終了しました

無料素材でご案内しておりました『Eyes on the Skies』日本語吹き替え版DVDのお貸し出しは、2010年3月10日をもちまして申し込みを締め切りました。

このDVDは各地のイベント主催者や教育現場で活用されました。

日本語吹き替え版の内容はYouTubeのIYA2009Japanチャンネルで視聴することができます。
YouTubeでは各章ごとに分かれています。
最初から見るにはEyes on the Skies 第1章 前編からご覧ください。

お知らせ , イベント , ニュース

天文同好会サミット2010参加申込受付スタート

天文同好会サミット2010の参加申込受付を開始しました。

前回は大盛況のイベントでした。お申し込みはお早めに。

お知らせ

公認イベント実施報告のお願い

世界天文年2009は、日本国内では800を超える団体・有志による3000件近い世界天文年2009日本委員会公認イベントが開催され、多くの方々が天文・宇宙の魅力に触れる一年になりました。

日本における活動の状況をまとめるため、公認イベントを実施された方を対象とした「公認イベント実施報告」を受付中です(締切は2010年3月7日(日))。ご報告いただいた内容についての統計データは、後日まとめる報告書に使用させていただき、ウェブで公開する予定です。

「IYA2009日本委員会公認イベント実施報告のお願い」という件名の電子メールが届きましたら、所定の方法にてご報告ください。

公認イベントの申請者およびご担当者の皆様にはお手数をおかけして申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。

お知らせ , イベント

天文同好会サミット2010を開催します

来る2010年4月17・18日(土・日)に、天文同好会サミット2010を開催いたします。

天文同好会アマチュア団体のみなさま、ぜひご参加ください。

天文に興味のある個人での参加も歓迎いたします。

アマチュアのみなさんの活動紹介の場、参加者間の交流の場です。また、世界天文年の「その先」について語り合うという場でもあります。

2月下旬より参加申込の受付を開始します。お誘いあわせの上、ふるってご参加ください。

 

お知らせ

国際天文学連合10年戦略(日本語解説)

世界天文年2009の世界規模の成功を踏まえて2009年8月の国際天文学連合総会で採択された「国際天文学連合10年戦略:発展途上国のための天文学」の趣旨をお知らせします。


国際天文学連合10年戦略: 発展途上国のための天文学
(IAU Strategic Plan 2010-2020: Astronomy for the Developing World)

国際天文学連合 (IAU: International Astronomical Union) は、天文学者による研究の国際的な協力を推進することを目的とした国際組織として90年以上の歴史を持ちます。今まで国際天文学連合は、世界中の天文学者が集まって研究結果やアイデアを議論し合うためのシンポジウムや研究会のサポートにその予算の多くを費やしていました。しかし近年では、一般への天文学教育・普及の重要性が大きく認識され、そのための活動に多くの努力がはらわれるようになっています。

国際天文学連合がスポンサーとなり、国際連合 (UN: United Nations)とユネスコ (UNESCO: the United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization) の協賛によりガリレオによる史上初めての望遠鏡による天体観測から400年を記念して実施された世界天文年2009 (IYA2009) の成功を踏まえて、国際天文学連合ではより野心的に天文学を広く世界中へ普及させるための計画 (IAU Strategic Plan 2010-2020: Astronomy for the Developing World) を2009年8月にブラジルのリオデジャネイロで催された総会で採択しました。その主目的は、天文学研究の途上国において種々の天文学研究・教育・普及活動を行い、特に若い世代の科学や技術への興味を喚起し、将来それらの国々の科学技術進歩のためのリーダーを育てることです。

国際天文学連合では、この10年戦略の実行のため新たに「天文学推進室 (Office for Astronomy Development)」をもうけて、その第46委員会 (Commission 46: Astronomy Education & Development) や、国連宇宙部 (UNOOSA: UN Office for Outer Space Affairs)、国際宇宙空間研究委員会 (COSPAR: Committee on Space research)、国際電波科学連合 (USRI: International Union of Radio Science)、などと協力して活動を進める予定です。現在(2010年1月)、天文学推進室の業務を担当する機関を国際的に公募しています。国際天文学連合10年戦略 (IAU Strategic Plan 2010-2020: Astronomy for the Developing World) の詳しい内容(英語のみ)は、以下のURLより入手できます。

IAU Strategic Plan 2010-2020: Astronomy for the Developing World (PDF)
http://iau.org/static/education/strategicplan_091001.pdf

Astronomy for the Developing World
http://www.iau.org/education/strategic_plan/

国際天文学連合(IAU)ホームページ(英語)
http://www.iau.org/