お知らせ , イベント , ニュース

巡回企画展、延長決定

世界天文年2009と日本天文学会創立100周年を記念して2009年5月から始まった巡回企画展「ガリレオの天体観測から400年 宇宙の謎を解き明かす」は、これまで東京、仙台、新潟、名古屋、大阪と巡回してきており、20万人以上の方にご覧いただきました。好評につき、当初の予定を大幅に延長して、2010年末まで行うことが決まりました。

大阪市立科学館では1月31日(日)まで開催中です。この巡回企画展でガリレオ・ガリレイの著書『星界の報告』の初版本、アイザック・ニュートンの著書『光学』の初版本を見られる最後のチャンスでもあります。また、同館の展示場では、ガリレオの『天文対話』の初版本など、天文に関する貴重な書籍の特別展示も行われています。ぜひお出かけください。

さて、2010年の巡回先に決まったのは、山口県にある「防府市青少年科学館 ソラール」です。4月24日(土)~6月6日(日)の日程で開催されます。すばる望遠鏡1/40模型も登場します。JR山陽本線防府駅から徒歩約15分、本格的な太陽望遠鏡を備える科学館です。

他の地域への巡回も、現在検討されています。
2010年も巡回企画展にご注目ください。