世界天文年2009 日食観察ガイド

2009年7月22日、日本を含むアジア・太平洋地域で、日食が起こります。日本では、全国で部分日食が見られ、太陽が月に隠されていくようすは、各地で注目されることでしょう。さらに、奄美大島北部、トカラ列島、屋久島、北硫黄島、硫黄島やそれらの周辺海域などでは皆既日食を見ることができます。日本の陸域で皆既日食が見られるのは、北海道での1963年7月21日の皆既日食以来、じつに46年ぶりとなります。

世界天文年2009日本委員会では、多くの皆さんにこの日食を楽しんでいただくとともに、自然現象のすばらしさ、そしてこのような壮大な現象を通じて培われてきた人間の英知を感じとっていただきたいと願っています。

この「世界天文年2009 日食観察ガイド」では、日食を楽しむおもな方法や、安全な観察のための情報をご紹介しています。今回の日食では、初めて日食を体験する人や、これまで日食をはじめ天文現象にあまり関心が高くなかった人も、この現象に注目することになるでしょう。ここでご紹介する内容や参考情報として紹介したものも含め、事前に十分な準備を行った上で当日を迎えていただき、このすばらしい天体ショーを、安全に、そして心ゆくまで楽しんでいただきたいと思います。

世界天文年2009日本委員会

日食の写真
画像提供:大川拓也
【注意】
太陽の光は、想像以上に強く、観察の際には危険を伴います。 じかに太陽を見つめたり、誤った方法で観察を行うことは、重大な事故につながりますので、十分な注意が必要です。太陽観察が初めての方、とくにお子さんについては、太陽観察に熟知した指導者のもとで観察を行うことをおすすめします。

→危険回避のために

世界天文年2009 日食観察ガイド コンテンツ一覧

日食について

日食の種類と見られる範囲

日本全国で部分日食

日本の国土で起こる皆既日食は46年ぶり

日食の楽しみ方

専用フィルターごしに太陽を見る

地面などに映る太陽を見る

望遠鏡で観察する

映像で楽しむ

出かけて楽しむ

危険回避のために

太陽観察に伴う危険:基本的な知識

一般的にやってはいけないこと(危険を伴う観察方法)

日食グラスでやってはいけないこと(危険を伴う観察方法)

太陽投影板を使うときの注意(危険を伴う観察方法)

参考情報

世界天文年2009の参考情報

他のサイトの参考情報

 

更新情報
2009/07/17
世界天文年2009メールマガジンで観察時の注意を呼びかけました。(7月15日配信
2009/07/17
世界天文年2009日本委員会推奨日食グラス(株式会社ビクセン製、以下「日食グラス」)のうち、2008年11月製造のものに、遮光プレートが抜けている、またはズレて取り付けられているものが含まれている可能性があることがわかりました。詳しくは日食グラスで月にかくれる太陽を見ようのページをご覧ください。
2009/07/15
映像で楽しむ「衛星画像」などリンクを追加しました。
2009/07/14
参考情報「日食当日のようすを知るサイト」などリンクを追加しました。
2009/07/07
天文教育普及研究会のウェブサイトで「太陽観察用各種フィルタ類およびその代用品の透過率測定」が公開されました。(日食の楽しみ方危険回避のためにからリンク)
2009/07/07
天文教育普及研究会のウェブサイトで「下を向いてみよう!部分日食〜ピンホールをつかった日食観察への招待〜」が公開されました。(日食の楽しみ方からリンク)

2009/07/07
ピンホール工作の例「筒の中に太陽を映してみよう」に応用例を追加しました。

2009/07/01
文部科学省を通じて教育関係者への周知依頼(6月26日)「7月22日 日食を安全に観察しよう」(PDF, 2.27MB)を掲載しました。

2009/07/01
参考情報に国立天文台 アストロ・トピックス(482)「部分日食を安全に観察しよう −目を痛めないために−」へのリンクを追加しました。

2009/06/22
参考情報にWeb連載まんが「ガリレオくんと仲間たち」連載第17回 「日本では全国で日食が見られるのじゃ」の巻へのリンクを追加しました。
2009/06/17
他のサイトの参考情報に日本眼科医会の日食に関する啓発ポスターへのリンクを追加しました。
2009/05/28
当コンテンツ「世界天文年2009 日食観察ガイド」を公開しました。
2009/05/27
世界天文年2009日本委員会主催企画「日食グラスで月にかくれる太陽を見よう」の一環として推奨日食グラスについての詳細を公開しました。
このウェブコンテンツは、今年7月22日に日本全国で見られる日食を多くの人々にたのしんでいただくための基本的な情報を、世界天文年2009日本委員会の企画により提供するものです。また、主催企画「日食グラスで月にかくれる太陽を見よう」の取り組みの一環でもあります。このコンテンツ制作にあたり、各種団体によってまとめられた、日食やその観測方法等についての情報を参考にさせていただきました。
世界天文年2009 日食観察ガイド  企画/世界天文年2009日本委員会  制作/「世界天文年2009 日食観察ガイド」制作チーム